高血糖(ずっと高い状態が続くと、糖尿病になり、深刻な合併症を引き起こす危険性が高くなります)には糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)制限食が効果が見込めるといわれていますが、これは一体どういった食事のことなのでしょうか? 糖質(脂肪の合成を促進し、分解を抑制するといわれており、とり過ぎは肥満の原因になるでしょう)制限食とは、できる限り糖質を摂取しないという食事のことです。 糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)を摂取すると血糖値が上昇してしまうので、それを防ぐためになるべく糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)を摂取する事によってないようにします。 あまり意識されていないかもしれませんが、私たちは普段から糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)をたくさん摂取しているのです。 例えば、日本人の主食でもあるお米には、糖質が大量に含まれています。 また、パンは当然として、ラーメンやパスタ、うどれくらいのどの麺類にも糖質が含まれていますから、普通に食事をしているのみでも糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)を取りすぎてしまう傾向があるでしょう。 そのため、糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)制限食のポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)は、次の2つになります。 ・主食を抜く ・糖質の低い食材を食べる まず、大事なことは、私たちが日頃から食べている白米や麺類、パンなどの頻繁に言われている主食を抜くことです。 こういった主食になる食べ物には、糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)が豊富に含まれているので、高血糖に悪影響を及ぼします。 できる限り主食を抜くことで、血糖値を安定させられるでしょう。 そして、その代わりに糖質の低い食材をたべるなさってくださいね。 大豆製品(伝統的な和食には欠かせないでしょう。醤油、味噌、豆腐、どれも和食には必要不可欠です)や魚、肉などの糖質が少ない食材で献立を考えるようにします。 つまり、カロリーではなくて、糖質(脂肪の合成を促進し、分解を抑制するといわれており、とり過ぎは肥満の原因になるでしょう)が高いか低いかで食材を判断するわけですー